養殖海域の環境収容力

古谷研, 岸道郎, 黒倉寿, 柳哲雄 編

[目次]

  • 1 環境収容力とは何か
  • 2 海域での研究から:広島湾
  • 3 海域での研究から:五ヶ所湾
  • 4 海域での研究から:大槌湾
  • 5 海域での研究から:陸奥湾-陸奥湾におけるホタテガイ適正収容量
  • 6 物理‐生態系モデルによる環境収容力評価の歴史、その有効性と限界
  • 7 東南アジアで環境収容力を考える
  • 8 陸域からの物質流入負荷増大による沿岸海域の環境収容力の制御
  • 9 漁場環境収容力拡大の試み:人工湧昇
  • 10 漁場保全関連政策の現状と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 養殖海域の環境収容力
著作者等 古谷 研
岸 道郎
柳 哲雄
黒倉 寿
日本水産学会
書名ヨミ ヨウショク カイイキ ノ カンキョウ シュウヨウリョク
書名別名 Yoshoku kaiiki no kankyo shuyoryoku
シリーズ名 水産学シリーズ / 日本水産学会 監修 150
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2006.3
ページ数 141p
大きさ 22cm
ISBN 4769910398
NCID BA76288817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21014365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想