黒装束の侵入者

梶原武, 奥谷喬司 監修 ; 日本付着生物学会 編

[目次]

  • 0 問題の所在-編者序にかえて
  • 1 北海道におけるキタノムラサキイガイとムラサキイガイ
  • 2 ミドリイガイの日本定着
  • 3 コウロエンカワヒバリガイはどこから来たか?-その正体と移入経路
  • 4 カワヒバリガイの日本への侵入
  • 5 足糸タンパク質の構造から見たムラサキイガイ類の種分化
  • 6 ミトコンドリアDNA塩基配列に基づくムラサキイガイ類の系統解析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒装束の侵入者
著作者等 奥谷 喬司
日本付着生物学会
梶原 武
書名ヨミ クロショウゾク ノ シンニュウシャ : ガイライ フチャクセイ ニマイガイ ノ サイシンガク
書名別名 外来付着性二枚貝の最新学
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2001.7
ページ数 125p
大きさ 22cm
ISBN 4769909497
NCID BA52859786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20197178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想