消費文化とポストモダニズム

マイク・フェザーストン 著 ; 川崎賢一, 小川葉子 編著訳 ; 池田緑 訳

消費社会のルーツは何なのか、いかに消費社会は定義され分化していったのか、どの程度消費社会は「ポストモダン」な世界の到来を告げているのか?本書では、マイク・フェザーストンが、ブルデュー・ボードリヤール・リオタール・ジェイムスンといった現代の社会理論家たちの、消費とポストモダニズムに関する理論を検討し、彼らの理論を現代消費文化のリアリティの本質へと結びつけようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本の読者のために
  • 1 モダンとポストモダン-定義と解釈
  • 2 消費文化の諸理論
  • 3 ポストモダン文化の社会学を目指して
  • 4 日常生活の審美化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費文化とポストモダニズム
著作者等 Featherstone, Mike
中江 桂子
大城 直樹
小川 葉子
山口 誠
川崎 賢一
池田 緑
油井 清光
本田 量久
松田 いりあ
フェザーストン マイク
書名ヨミ ショウヒ ブンカ ト ポストモダニズム
書名別名 Consumer culture & postmodernism. (抄訳)
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1999.11
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN 4769909063
NCID BA44329867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20014228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想