闘魂硫黄島 : 小笠原兵団参謀の回想

堀江芳孝 著

日米四万二千の死傷者を出して、砂浜を鮮血にそめた太平洋戦争最大の激戦場・硫黄島-なぜ日本軍は東京の玄関先で孤立無援の死闘を展開したのか。そして硫黄島の攻防戦が世界的に有名になった理由はなにか-守備計画に参画して、飛行場を海に沈めることを主張した異色参謀が貴重な資料と体験で描く感動作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 一参謀の回想(世界最大の激戦地
  • 翼をもぎとられた孤立の島
  • サイパンは難攻不落といわれたが
  • 次は硫黄島だ
  • パイナップルとジャングルと硫黄島 ほか)
  • 第2部 遺族の回想(栗林兵団長の家庭への便り
  • 遺族の言葉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 闘魂硫黄島 : 小笠原兵団参謀の回想
著作者等 堀江 芳孝
書名ヨミ トウコン イオウトウ : オガサワラ ヘイダン サンボウ ノ カイソウ
シリーズ名 光人社NF文庫
出版元 光人社
刊行年月 2005.3
ページ数 290p
大きさ 16cm
ISBN 4769824491
NCID BA82091329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20747679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想