憲法のポリティカ

高橋哲哉, 岡野八代 著

戦後70年の節目の年に、日本社会に民主主義と平和主義の種を植えてきた平和憲法を廃棄しようとする企てが現実化しつつある。現行憲法を軽んじる政権が進めようとする改憲とは何か。憲法をめぐるポリティクスの背景には、いったい何があるのか。そして、この流れの先には何が待ちうけているのか。哲学者と政治学者が、改憲問題を通して見えてくる日本社会の危機を、法律論とは異なるアプローチで語りあったロング対談。自民党改憲案をはじめ、死刑、天皇制、マイノリティの権利、人道的介入の是非など憲法をめぐるさまざまな問題の核心に、護憲か改憲かの枠組みを越えて斬り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 改憲問題と立憲主義(なぜ憲法問題にかかわるようになったか
  • 「安倍的なもの」
  • これは憲法ではない)
  • 2 日本国憲法九条をめぐる問題(立憲主義には九条こそが似合う
  • 戦争と天皇制
  • 憲法問題としての沖縄
  • 九条を無効化する集団的自衛権の行使容認)
  • 3 憲法をめぐる思想的課題(人道的介入のジレンマ
  • 死刑の論理と憲法
  • 誰が憲法をつくるのか
  • 日本国憲法一〇〇年の市民革命)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法のポリティカ
著作者等 岡野 八代
高橋 哲哉
書名ヨミ ケンポウ ノ ポリティカ : テツガクシャ ト セイジ ガクシャ ノ タイワ
書名別名 哲学者と政治学者の対話

Kenpo no poritika
出版元 白澤社 : 現代書館
刊行年月 2015.3
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-7958-2
NCID BB18321901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想