恩讐の師弟対決

毎日新聞社会部 編

「教祖」の奇怪な言動の意図は?"百年裁判"といわれる公判の記録は、日本の宗教史・犯罪史上の貴重な記録であると共に、民主社会における宗教活動を考える上でも一級資料である。本書は初公判から第24回公判までを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回公判(1996年4月24日)被害者名朗読に居眠り
  • 第2回公判(1996年4月25日)幾度となく薄笑いを浮かべる被告
  • 第3回公判(1996年5月23日)「サリン」と聞きせわしく動く
  • 第4回公判(1996年6月20日)表情次第にこわばる
  • 第5回公判(1996年6月27日)月6回公判案に弁護側反発
  • 第6回公判(1996年7月11日)被告の指示指摘に、にやにや
  • 第7回公判(1996年9月5日)サリンはいやな「ニオイ」
  • 第8回公判(1996年9月19日)人殺しさえ正しいと…
  • 第9回公判(1996年9月20日)リムジンでサリン謀議
  • 第10回公判(1996年10月3日)何度も「証言できない」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恩讐の師弟対決
著作者等 毎日新聞社
毎日新聞社社会部
毎日新聞社会部
書名ヨミ オンシュウ ノ シテイ タイケツ
シリーズ名 オウム「教祖」法廷全記録 1
出版元 現代書館
刊行年月 1997.5
ページ数 397p
大きさ 19cm
ISBN 4768470017
NCID BA31169892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98057818
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想