入門消費経済学  第6巻

岩永 忠康;佐々木 保幸【編著】

生産者と消費者をつなぐ「流通業」とは、どのような存在なのか?流通の役割や消費者との関わりといった基本的な問いかけから始まり、流通のメカニズムと実態、出店調整・競争・まちづくりなど、政府による流通政策の意味と変容、そして消費者に与える影響などをわかりやすく解説する。国際競争時代に突入した流通業の役割と将来像を、消費者・生活者の立場から捉え直した、まったく新しい入門テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代日本の流通システム(流通と消費者
  • 流通と商業
  • 流通チャネル
  • 流通と情報
  • 流通の国際化
  • 卸売商業
  • 小売商業
  • 流通システムの国際比較)
  • 第2部 現代日本の流通政策(流通と政府
  • 流通政策の経緯
  • 流通調整政策
  • 流通振興政策
  • 流通競争政策
  • 流通政策の国際比較)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門消費経済学
著作者等 佐々木 保幸
岩永 忠康
書名ヨミ ニュウモン ショウヒ ケイザイガク
書名別名 流通と消費者
巻冊次 第6巻
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2008.4
ページ数 251p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1509-4
NCID BA85773347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21516464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想