一汁一菜でよいという提案

土井善晴 著

食事はすべてのはじまり。大切なことは、一日一日、自分自身の心の置き場、心地よい場所に帰ってくる暮らしのリズムをつくること。その柱となるのが、一汁一菜という食事のスタイル。合理的な米の扱いと炊き方、具だくさんの味噌汁。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 今、なぜ一汁一菜か
  • 暮らしの寸法
  • 毎日の食事
  • 一汁一菜の実践
  • 作る人と食べる人
  • おいしさの原点
  • 和食を初期化する
  • 一汁一菜からはじまる楽しみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一汁一菜でよいという提案
著作者等 土井 善晴
書名ヨミ イチジュウ イッサイ デ ヨイ ト イウ テイアン
出版元 グラフィック社
刊行年月 2016.10
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7661-2954-0
NCID BB2231148X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22804836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想