生き方 : 人間として一番大切なこと

稲盛和夫 著

刊行10年目にして100万部を突破した、不朽のロング・ミリオンセラー!二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。夢をどう描き、どう実現していくか?人間としてもっとも大切なこととは何か?--サッカー日本代表の長友佑都選手、野球日本代表監督の小久保祐紀氏などトップアスリートも座右の書としてその名を挙げる、「究極の人生論」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ(混迷の時代だからこそ「生き方」を問い直す
  • 魂を磨いていくことが、この世を生きる意味 ほか)
  • 第1章 思いを実現させる(求めたものだけが手に入るという人生の法則
  • 寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切 ほか)
  • 第2章 原理原則から考える(人生も経営も原理原則はシンプルがいい
  • 迷ったときの道しるべとなる「生きた哲学」 ほか)
  • 第3章 心を磨き、高める(日本人はなぜその「美しい心」を失ってしまったか
  • リーダーには才よりも徳が求められる ほか)
  • 第4章 利他の心で生きる(托鉢の行をして出会った人の心のあたたかさ
  • 心の持ち方ひとつで地獄は極楽にもなる ほか)
  • 第5章 宇宙の流れと調和する(人生をつかさどる見えざる大きな二つの力
  • 因果応報の法則を知れば運命も変えられる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き方 : 人間として一番大切なこと
著作者等 稲盛 和夫
書名ヨミ イキカタ : ニンゲン ト シテ イチバン タイセツナ コト
書名別名 Ikikata
出版元 サンマーク
刊行年月 2004.8
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 4763195433
NCID BA6844680X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想