中国現代文学の言語的展開と魯迅

阿部幹雄 著 ; 坂井洋史, 鈴木将久 編

[目次]

  • 1 論攷(「革命文学」における文学言語観-李初梨「怎様地建設革命文学」を中心に
  • 成〓(ほう)吾における「文学観」の変遷
  • 魯迅の言語観と「抗い」をめぐって
  • 「阿Q正伝」から考える魯迅-極私的魯迅観
  • アジアをいかにして考えるか-戦後日本思想界のアジア)
  • 2 雑攷(三・一一における魯迅体験
  • 解題『人間毛沢東』『毛沢東思想の原点』
  • 中国革命は終わったのか-丸川哲史著『魯迅と毛沢東-中国革命とモダニティ』
  • 「中国的文脈」を理解することの困難と可能性-我々の中国理解をかえることは可能か?
  • 『津村喬精選評論集』書評
  • 現代中国認識のより一層の深化のために(座談会))
  • 3 翻訳(張新穎 個人の苦境から歴史伝統における「有情」を体得する-沈従文の土地改革期の家書を読む
  • 韓〓(いく)海 長き革命 毛沢東の社会主義
  • 孫歌・陳光興 文化「間」実践の可能性
  • 孫歌 東京停電)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国現代文学の言語的展開と魯迅
著作者等 坂井 洋史
鈴木 将久
阿部 幹雄
書名ヨミ チュウゴク ゲンダイ ブンガク ノ ゲンゴテキ テンカイ ト ルーシュン
書名別名 Chugoku gendai bungaku no gengoteki tenkai to rushun
出版元 汲古書院
刊行年月 2014.12
ページ数 295,5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7629-6529-6
NCID BB17846546
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想