英語教育学と認知心理学のクロスポイント

太田信夫, 佐久間康之 編著

Part1では、認知心理学、特に記憶の理論に関連する認知心理学研究の成果を述べた。Part2では、認知心理学の理論や知見に基づく英語教育学の諸研究を報告した。そして各応用研究に対する認知心理学からのコメントを、主にPart1の執筆者が行うことで、認知心理学と英語教育学の統合を目指した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 認知心理学の理論的枠組みと学習研究(認知心理学と教育-記憶研究を中心に
  • 学習と記憶実験-精緻化を中心にして
  • 潜在記憶と学習の実践的研究
  • ワーキングメモリと学習活動
  • 言語的短期記憶と英語の音韻学習
  • 英語学習と脳機能)
  • 2 英語教育学(外国語習得)の諸研究(小学校全学年の外国語活動経験者のワーキングメモリ内の認知的特徴
  • 外国語活動経験者の母語(日本語)および外国語(英語)におけるストループおよび逆ストループ効果:小学5年から中学3年の認知発達的特徴
  • タスクの繰り返しが日本人高校生のスピーキングに与える注意焦点の変化
  • 英語指導における個人差の把握と介入
  • 英語リスニング不安とその対処方略
  • インプット中心・アウトプット中心のフォーカス・オン・フォームの効果:言語学習と内容理解のトレードオフ
  • 英単語学習過程としての「記銘」と「想起」の役割:手がかりとしての文脈か、符号化特殊性か
  • ワーキングメモリ容量における言語産出および言語理解の維持可能性
  • MEGによる第二言語語彙処理プロセスと習熟度に関する研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語教育学と認知心理学のクロスポイント
著作者等 佐久間 康之
太田 信夫
書名ヨミ エイゴ キョウイクガク ト ニンチ シンリガク ノ クロス ポイント : ショウガッコウ カラ ダイガク マデ ノ エイゴ ガクシュウ オ カンガエル
書名別名 小学校から大学までの英語学習を考える

Eigo kyoikugaku to ninchi shinrigaku no kurosu pointo
出版元 北大路書房
刊行年月 2016.2
ページ数 305p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7628-2915-4
NCID BB20686299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22704578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想