論理的読み書きの理論と実践

犬塚美輪, 椿本弥生 著

[目次]

  • 第1部 論理的文章を読む(論理的読みの基盤-読解プロセスの観点から
  • 高次リテラシーとしての批判的読解
  • 非連続テキストとデジタルテキストの読解
  • 第1部まとめ-読むこととその教育に関する課題)
  • 第2部 論理的文章を書く(論理的文章の「よさ」とその評価
  • 論理的に書くための「型」
  • 作文のプロセスと指導
  • 第2部まとめ-書くこと、伝えること、考えること)
  • 第3部 読み書きを総合的に捉える(コミュニケーションを通して論理的読み書きの基盤をつくる
  • 状況横断的な介入を目指す
  • 論理的な読み書きの育成-これまでとこれから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論理的読み書きの理論と実践
著作者等 椿本 弥生
犬塚 美輪
書名ヨミ ロンリテキ ヨミカキ ノ リロン ト ジッセン : チシキ キバン シャカイ オ イキル チカラ ノ イクセイ ニ ムケテ
書名別名 知識基盤社会を生きる力の育成に向けて
出版元 北大路書房
刊行年月 2014.7
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7628-2871-3
NCID BB16250992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22449624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想