自己調整学習の理論

バリー・J.ジマーマン, ディル・H.シャンク 編著 ; 塚野州一 編訳 ; 伊藤崇達, 中西良文, 中谷素之, 伊田勝憲, 犬塚美輪 訳

いかに人は能動的な学習者になるか?7つの理論的アプローチが明らかにする自己調整学習(Self‐Regulated Learning)のプロセス。個と主体性を尊重する教育理論へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自己調整学習と学力の諸理論:概観と分析
  • 第2章 オペラント理論と自己調整に関する研究
  • 第3章 自己調整学習と学力:現象学的視点
  • 第4章 社会的認知理論と自己調整学習
  • 第5章 情報処理モデルから見た自己調整学習
  • 第6章 自己調整学習の意思的側面
  • 第7章 自己調整学習と学力:ヴィゴツキー派の見方
  • 第8章 自己調整的な学習者はどのような理論・アイデンティティ・行動を構築するか
  • 第9章 自己調整学習と学力の理論についての考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己調整学習の理論
著作者等 Schunk, Dale H
Zimmerman, Barry J
中西 良文
中谷 素之
伊田 勝憲
伊藤 崇達
塚野 州一
シャンク ディル・H.
犬塚 美輪
ジマーマン バリー・J.
書名ヨミ ジコ チョウセイ ガクシュウ ノ リロン
書名別名 Self-regulated learning and academic achievement. (再版)

Jiko chosei gakushu no riron
出版元 北大路書房
刊行年月 2006.9
ページ数 362p
大きさ 21cm
ISBN 4762825298
NCID BA78415890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21112762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想