スクール・ベースト・アプローチによるカリキュラム評価の研究

有本昌弘 著

[目次]

  • 第1部 スクール・ベースト・アプローチによる開発と日本の対応(スクール・ベースト・アプローチの背景とその重要性
  • 日本の歴史的経緯の検討と実践の吟味および分析枠組みの探索)
  • 第2部 カリキュラム評価とアセスメントに関する課題(日本の実践から構成した作業仮説と評価モデルにより作成した診断的評価道具
  • 学習のアセスメントによるカリキュラム評価の再考
  • 質保証と効果的授業の観察指標のフィードバックによる国際教育協力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スクール・ベースト・アプローチによるカリキュラム評価の研究
著作者等 有本 昌弘
書名ヨミ スクール ベースト アプローチ ニ ヨル カリキュラム ヒョウカ ノ ケンキュウ
書名別名 Sukuru besuto apurochi ni yoru karikyuramu hyoka no kenkyu
出版元 学文社
刊行年月 2007.2
ページ数 397p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7620-1621-9
NCID BA80179837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21185457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想