新たなる排除にどう立ち向かうか

森田洋司 監修 ; 森田洋司, 矢島正見, 進藤雄三, 神原文子 編

私たちが失ったものは何か。今、そして、これから向き合うべき問題は何か。社会の基層から噴出する構造の「ひずみ」と人びとの「叫び」、私たちは、このことにどう迫るのか。今、求められるのは、現代社会の基底に横たわる社会問題の実相を抉り取り、新しいパラダイムの構築へと向かうこと。生きるとは何か、豊かさとは何か。時代をリードする研究者たちが社会問題の最前線に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編 「社会的排除/ソーシャル・インクルージョン」とは何か(ソーシャル・インクルージョン概念の可能性
  • ソーシャル・エクスクルージョン/インクルージョンの有効性と課題
  • 「公共」から「交響」へ-生存の可能性に向けて
  • 若年層の貧困化と社会的排除)
  • 第2部 応用編1 社会的排除の諸相(若年労働市場における二重の排除-「現実」と「言説」
  • ホームレス「問題」の過去と現在-「包摂‐排除」論をこえて
  • ひとり親家族と社会的排除
  • 同性愛と排除
  • 医療における排除-後期高齢者医療制度を事例として
  • 障害児・者に対する社会的排除とソーシャル・インクルージョンをどうとらえるのあか?)
  • 第3部 応用編2 地域の排除と再生(「社会的経済」の担い手による「社会的排除との闘い」の展開と課題-イタリアの社会的協同組合の歩みと岐路を題材に
  • 共に生きる地域社会をめざして-地域を耕す更生保護の諸活動
  • バリアフリー・ツーリズムの手法による地域再生
  • 山村集落の過疎化と山村環境保全の試み-「棚田オーナー」制度を事例に、社会的排除論との接点を探りつつ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新たなる排除にどう立ち向かうか
著作者等 森田 洋司
矢島 正見
神原 文子
進藤 雄三
書名ヨミ アラタナル ハイジョ ニ ドウ タチムカウカ : ソーシャル インクルージョン ノ カノウセイ ト カダイ
書名別名 ソーシャル・インクルージョンの可能性と課題

Aratanaru haijo ni do tachimukauka
シリーズ名 シリーズ社会問題研究の最前線 2
出版元 学文社
刊行年月 2009.9
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7620-1603-5
NCID BA91581329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21663384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想