エッセンシャル思考

グレッグ・マキューン 著 ; 高橋璃子 訳

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て1%に集中する方法!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 エッセンシャル思考とは何か-エッセンシャル思考とはどのようなものか(エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考
  • 選択-選ぶ力を取り戻す ほか)
  • 2 見極める技術-多数の瑣末なことのなかから、少数の重要なことを見分ける(孤独-考えるためのスペースをつくる
  • 洞察-情報の本質をつかみとる ほか)
  • 3 捨てる技術-多数の瑣末なことを容赦なく切り捨てる(目標-最終形を明確にする
  • 拒否-断固として上手に断る ほか)
  • 4 しくみ化の技術-努力せず、自動的にエッセンシャル思考を実現する(バッファ-最悪の事態を想定する
  • 削減-仕事を減らし、成果を増やす ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エッセンシャル思考
著作者等 McKeown, Greg
高橋 璃子
マキューン グレッグ
書名ヨミ エッセンシャル シコウ : サイショウ ノ ジカン デ セイカ オ サイダイ ニ スル
書名別名 essentialism

最少の時間で成果を最大にする

Essensharu shiko
出版元 かんき
刊行年月 2014.11
ページ数 307,10p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7612-7043-8
NCID BB1745474X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22501970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想