理性感情行動療法

アルバート・エリス 著 ; 野口京子 訳

REBT理論の創始者・アルバート・エリス博士の40余年にわたる研究と実践の全貌。ニューヨークでエリス博士が主宰するREBT研究所採用の最新・最良の基礎・基本テキストの全訳、成る。今、注目の心理療法Rational‐Emotive Behavior Therapyへの招待。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • REBTの起源
  • REBTの理論
  • REBTのABC理論の修正
  • 非理性的なビリーフの感情障害への影響と援助
  • 非理性的なビリーフとそれを論破する方法
  • REBTの本質
  • 基本的なパーソナリティの変化のための必要条件
  • REBTの合理主義
  • 罪と責任と心理療法
  • 理性と個人の価値〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理性感情行動療法
著作者等 Ellis, Albert
野口 京子
エリス アルバート
書名ヨミ リセイ カンジョウ コウドウ リョウホウ
書名別名 Reason and emotion in psychotherapy. (rev. and updated)
出版元 金子書房
刊行年月 1999.5
ページ数 524p
大きさ 22cm
ISBN 4760838090
NCID BA41591794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99090482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想