激動社会の中の自己効力

アルバート・バンデューラ 編 ; 本明寛, 野口京子 監訳

[目次]

  • 1 激動社会における個人と集団の効力の発揮
  • 2 激動社会のなかの人生の軌跡
  • 3 コントロールの信念の発達的分析
  • 4 コントロールの信念に関する家族の影響
  • 5 自己効力における比較文化的視点
  • 6 ストレスフルな人生移行における自己効力
  • 7 自己効力と教育的発達
  • 8 職業選択と発達における自己効力
  • 9 危険行動の変容と健康行動の受容-自己効力の信念の役割
  • 10 自己効力と中毒行動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 激動社会の中の自己効力
著作者等 Bandura, Albert
山本 多喜司
春木 豊
本明 寛
野口 京子
バンデューラ アルバート
書名ヨミ ゲキドウ シャカイ ノ ナカ ノ ジコ コウリョク
書名別名 Self-efficacy in changing societies

Gekido shakai no naka no jiko koryoku
出版元 金子書房
刊行年月 1997.11
ページ数 352p
大きさ 22cm
ISBN 4760822836
NCID BA33034555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98051853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想