オムライス日和

伊吹有喜 著

有名電機メーカーに勤める菊池沙里は、大学時代にゼミで同期だった宇藤輝良と再会する。卒業して五年、宇藤は「ねこみち横丁振興会」の管理人をしながら、脚本家になる夢を追い続けているという。数日後、友人の結婚式の二次会後に、宇藤がよくいるというねこみち横丁のBAR追分に顔を出した沙里だったが…(「オムライス日和」より)。昼はバールで夜はバー-二つの顔を持つBAR追分で繰り広げられる人間ドラマが温かく胸に沁みる人気シリーズ、書き下ろしで贈る待望の第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オムライス日和
著作者等 伊吹 有喜
書名ヨミ オムライス ビヨリ : バール オイワケ
書名別名 BAR追分

Omuraisu biyori
シリーズ名 ハルキ文庫 い20-2
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2016.2
ページ数 229p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7584-3973-2
NCID BB2210655X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22693387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ようこそ、餃子パーティへ 伊吹 有喜
オムライス日和 伊吹 有喜
森の隠れ家 伊吹 有喜
猫の恩返し 伊吹 有喜
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想