警察庁から来た男

佐々木譲 著

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った。監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正。藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した。一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた。被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった。大通署に再捜査の依頼の為、そのホテルに泊まっていたのだという。佐伯は、部下の新宮と事故現場に向かうのだが…。『笑う警官』に続く道警シリーズ第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 警察庁から来た男
著作者等 佐々木 譲
書名ヨミ ケイサツチョウ カラ キタ オトコ
書名別名 Keisatsucho kara kita otoko
シリーズ名 ハルキ文庫
出版元 角川春樹事務所
刊行年月 2008.5
ページ数 346p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7584-3339-6
NCID BA8592646X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21524300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想