勇者と探偵のゲーム

大樹連司 著

"日本問題象徴介入改変装置"が次々に物語を生み出す街。侵略者と密室殺人であふれかえる、狂った街。そこで起こる出来事は、すべてが日本問題の象徴だ。勇者が、巨大侵略円盤を撃退すれば、防衛法が整備される。探偵が、妊婦殺人事件を解決すれば、出生率が上昇する。だけど、陳腐なスペクタクルにまみれたこの街で、彼女の身に起きたのは、物語とは何の関係もない、"ただの事故"だった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勇者と探偵のゲーム
著作者等 大樹 連司
書名ヨミ ユウシャ ト タンテイ ノ ゲーム
書名別名 Yusha to tantei no gemu
シリーズ名 一迅社文庫 お-01-01
出版元 一迅社
刊行年月 2009.7
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7580-4082-2
全国書誌番号
21706032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想