大乗院寺社雑事記研究論集  第2巻

大乗院寺社雑事記研究会 編

本書は、奈良興福寺大乗院門跡尋尊の、宝徳二年(一四五〇)正月から永正五年(一五〇八)正月に至る四十九年間の日記である。十五世紀後半という室町後期の畿内近国の出来事を具さに記録し、室町時代の根本史料の一つである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦国期荘園の諸相(一条家領摂津国福原荘に関する一考察
  • 室町・戦国期の大乗院領河口・坪江庄)
  • 2 大乗院門跡と寺院組織(興福寺大乗院門跡と津宗寺院-とくに津宗寺院大安寺を通して
  • 中世における寺院の童について)
  • 3 国人・他侍の活動(応仁大乱と奈良
  • 河内守護畠山氏とその城郭 ほか)
  • 4 芸能文化の内容(中世後期における奈良の盲人について-『大乗院寺社雑事記』を中心に
  • 『大乗院寺社雑事記』に見る連歌興行(二)-長禄三年(一四五九)〜文正元年(一四六六))
  • 5 歴史地理(中近世奈良における「辻子」と「突抜」:大乗院尋尊と中世都市堺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大乗院寺社雑事記研究論集
著作者等 丹生谷 哲一
大乗院寺社雑事記研究会
大石 雅章
大鳥 壽子
小林 善帆
川崎 晋一
森川 英純
森田 恭二
渡邊 大門
湯川 敏治
瀬戸 祐規
田中 慶治
金井 年
鶴崎 裕雄
大利 直美
小熊 譲
石本 倫子
書名ヨミ ダイジョウイン ジシャ ゾウジキ ケンキュウ ロンシュウ
巻冊次 第2巻
出版元 和泉書院
刊行年月 2003.1
ページ数 343p
大きさ 22cm
ISBN 4757601875
NCID BA50695779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20368482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『大乗院寺社雑事記』『文正記』に見る長禄・寛正の内訌 瀬戸 祐規
『大乗院寺社雑事記』にみる環濠集落 金井 年
『大乗院寺社雑事記』に見る中世奈良の諸職人 森田 恭二
『大乗院寺社雑事記』に見る興福寺寺門領播磨国三个庄 川崎 晋一
『大乗院寺社雑事記』に見る薪猿楽関連資料の検討 森田 恭二
『大乗院寺社雑事記』に見る連歌興行 (一) : 康正三年(一四五七)-長禄二年(一四五八) 鶴崎 裕雄
『大乗院寺社雑事記』に見る連歌興行 2 : 長禄3年(1459)-文正元年(1466) 鶴崎 裕雄
『大乗院寺社雑事記』に見る連歌興行(三) : 応仁元年(一四六七)〜文明九年(一四七七) 鶴崎 裕雄
『大乗院寺社雑事記』に見る連歌興行(四) : 文明十年(一四七八)~文明十九年(長享元年 一四八七) 鶴崎 裕雄
『大乗院寺社雑事記』の医師達 : 上池院民部卿胤祐と松井法眼 大鳥 壽子
『大乗院寺社雑事記』の吹田氏と吐田氏 石本倫子
中世における寺院の童について 丹生谷 哲一
中世後期における奈良の盲人について : 『大乗院寺社雑事記』を中心に 小熊譲
中世後期の若党に関する一考察 : 大和国を中心にして 田中 慶治
中世後期畿内国人層の動向と家臣団編成 : 大和国古市氏を中心に 田中 慶治
中世猿楽者の存在形態 森田 恭二
中世都市奈良の近世的変容 金井 年
中近世奈良における「辻子」と「突抜」 金井 年
十五世紀中期の茶の湯と連歌 : 『経覚私要鈔』を中心に 小林 善帆
和泉守護所の位置を探る 森田 恭二
和泉守護細川氏の系譜をめぐる諸問題 森田 恭二
国人古市氏の馬借・関支配について : 南山城を中心にして 田中 慶治
大乗院尋尊と中世都市堺 大利直美, 鶴崎 裕雄
大和国「国民」越智家栄の動向について : 身分制の観点から 綾部正大
大和宇陀郡国人の動向 : 秋山・沢氏を中心に 森田 恭二
守護細川氏と北摂津の国人 : 今西家文書の再検討 森田 恭二
室町・戦国期の大乗院領河口・坪江庄 森田 恭二
室町・戦国期大和国東山内北部の政治構造 : 狭川・簀川氏の動向を中心に 永井隆之
応仁大乱と奈良 森田 恭二
恩師永島福太郎先生を偲ぶ 森田 恭二
戦国期大和国宇智郡に関する二つの史料 田中 慶治
摂津国吹田寺内町の復原的研究 金井 年
文献資料に見る「風流(ふりゅう)」の成立と変遷 森田 恭二
東播守護代別所則治の権力形成過程について 渡邊 大門
永島福太郎先生追訃
永島福太郎氏の訃・永島福太郎先生に叱られた話 鶴崎 裕雄
河内守護畠山氏とその城郭 森田 恭二
生成期における「たて花」 : 十五世紀中期の「花」と連歌の一様相 小林 善帆
稚児愛満丸二十八年の生涯 森田 恭二
第1巻: 『大乗院寺社雑事記の史跡』 森田 恭二
第2巻: 一条家領摂津国福原荘に関する一考察 渡邊 大門
第3巻: 戦国期における山名氏権力と守護代 渡邊 大門
第4巻: 南都綱所について 森川 英純
興福寺の河川交通支配 : 河上五ヶ関を中心として 森田 恭二
興福寺大乗院門跡と律宗寺院 : とくに律宗寺院大安寺を通して 大石 雅章
足利義材側近の公家、葉室光忠とその時代 湯川 敏治
長禄・寛政期の畠山氏の内訌 : 古記録と物語、それぞれのあり方 瀬戸 祐規
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想