悪の知性

ジャン・ボードリヤール 著 ; 塚原史, 久保昭博 訳

本書はジャン・ボードリヤール最後の思想書でありながら、そこから彼自身の思想圏の意想外の起伏や未知の地平、あるいはニーチェ、三島、ボルヘスからスローターダイクまで、「悪の知性」の実践者たちの言説につながる視座が見とおせる、ボードリヤール自身による魅惑的な現代思想ガイドブックになっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インテグラルな現実
  • 現実の果てに
  • 奥深い幻想のなかの世界
  • いちばん安易な解決
  • 記号の殺戮
  • ネットワークの精神的ディアスポラ
  • われわれはみな不可知論者だ
  • イメージに対する暴力
  • ひとりよがりの…現代アート
  • ヴァーチャル性と出来事性
  • 悪と不幸
  • 悪の知性
  • 誰がために政治の鐘はなる?
  • 金閣の破壊
  • 二重性のバックファイヤー
  • 断層線
  • パラレルな世界
  • アナムネーシス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪の知性
著作者等 Baudrillard, Jean
久保 昭博
塚原 史
ボードリヤール ジャン
書名ヨミ アク ノ チセイ
書名別名 Le pacte de lucidite ou l'intelligence du mal

Aku no chisei
出版元 NTT
刊行年月 2008.3
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-4089-9
NCID BA85416350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21396057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想