美しい欧文書体&装飾活字見本帖

Cees W.de Jong 著 ; 岸田麻矢 訳

1450年頃、人類の文明においてすばらしい功績の一つといえる活版印刷がヨハン・グーテンベルクによって発明され、イタリアやフランスのルネッサンス文化やイギリスの産業革命を経て、書体と装飾活字は大きく進化していった。活版印刷の黄金時代ともいえる17世紀から20世紀にかけて発行された、美しい活字見本を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • History
  • Specimens of Printing Types,Geo.Bruce&Co.
  • Specimen of Printing Types,H.W.Caslon&Co.
  • Specimens of Printing Types,Marr Typefounding Company
  • Archiv f¨ur Buchdruckerkunst XV Band,Alexander Waldow
  • Specimen Book,Cincinnati Type Foundery
  • Specimen book of Printing Types,Farmer,Little&Co.
  • Specimen Book and Price List of Type,Shniedewend&Lee Co's
  • Specimen,Fonderie G.Renault
  • Mustersammlung,J.G.Schelter&Giesecke〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美しい欧文書体&装飾活字見本帖
著作者等 Jong, Cees de
岸田 麻矢
de Jong Cees W.
高橋 かおる
デ・ヨンク キース・W.
書名ヨミ ウツクシイ オウブン ショタイ アンド ソウショク カツジ ミホンチョウ
書名別名 Ornament and Initial:Beauty of Graphic Design

Utsukushi obun shotai ando soshoku katsuji mihoncho
出版元 パイインターナショナル
刊行年月 2013.6
ページ数 361p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7562-4284-6
NCID BB13426276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22293029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想