フランス官僚エリートの源流

永井良和 著

第1部では、官僚エリート像を究明する。従来の「高級官僚」という用語の曖昧さを指摘し、重要な政治的役割を果たす官僚という意味で官僚エリートの概念を導入する。官僚エリートは大統領官房等を政治的影響力の拠点とする。第2部では、官僚エリートの起源を明らかにする。フランス=プロイセン戦争の敗北を契機とし、民主主義の潮流の中でブルジョワジーは官僚エリートの養成によって政治的実権を維持しようとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 官僚エリート像を求めて(官僚エリートの政治的拠点
  • 大官僚団の威信)
  • 第2部 官僚エリート像の成立(エリート養成の政治的背景
  • エリート養成の実践
  • 官僚エリート・コースとブルジョワジー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス官僚エリートの源流
著作者等 永井 良和
書名ヨミ フランス カンリョウ エリート ノ ゲンリュウ
書名別名 Furansu kanryo erito no genryu
出版元 芦書房
刊行年月 1991.5
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 4755610796
NCID BN06312792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91046437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想