環境批評の未来

ローレンス・ビュエル 著 ; 伊藤詔子, 横田由理, 吉田美津, 三浦笙子, 塩田弘 訳

[目次]

  • 第1章 環境批評の出現(世紀末の動乱-あるスナップショット
  • 文学Xにおける自然からエコクリティシズムの始まりへ
  • 批評の環境論的転換についての分析の試み)
  • 第2章 世界、テクスト、そしてエコクリティック(ミメーシスについての論点-創造と発見としての環境
  • ジャンルのスペクトラムを横断する環境重視の精神性)
  • 第3章 空間・場所-ローカルからグローバルへの想像力(空間、場所、そして非場所
  • 場所への愛着をめぐる現象学と社会学
  • 境界と測量-ローカルな文化からグローバルな想像力へ)
  • 第4章 環境批評の倫理と政治性(環境中心主義への問題提起
  • 複雑化するジェンダー
  • 環境正義修正主義のエコクリティシズムへの挑戦)
  • 第5章 環境批評の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境批評の未来
著作者等 Buell, Lawrence
三浦 笙子
伊藤 詔子
吉田 美津
塩田 弘
横田 由理
ビュエル ローレンス
書名ヨミ カンキョウ ヒヒョウ ノ ミライ : カンキョウ キキ ト ブンガクテキ ソウゾウリョク
書名別名 The future of environmental criticism

環境危機と文学的想像力
出版元 音羽書房鶴見書店
刊行年月 2007.11
ページ数 273p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7553-0234-3
NCID BA83714482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21441278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想