クラインとビオンの臨床講義

R.アンダーソン 編 ; 木部則雄 ほか訳

[目次]

  • 1 児童分析と無意識的幻想の概念
  • 2 精神分析場面における早期対象関係の出現
  • 3 エディプス状況と抑うつポジション
  • 4 妄想分裂ポジションと抑うつポジション間の平衡
  • 5 投影性同一化の臨床経験
  • 6 スプリッティングと投影性同一化
  • 7 精神病-奇怪な世界での思考作用の欠如
  • 8 ものごとを心に保持すること
  • 9 かのように・学ばないという現象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラインとビオンの臨床講義
著作者等 Anderson, Robin
佐藤 理香
平井 正三
木部 則雄
小此木 啓吾
衣笠 隆幸
アンダーソン R.
書名ヨミ クライン ト ビオン ノ リンショウ コウギ
書名別名 Clinical lectures on Klein and Bion
シリーズ名 現代精神分析双書 第2期 第20巻
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 1996.10
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 4753396185
NCID BN15310084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97047745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想