原発危機と「東大話法」 : 傍観者の論理・欺瞞の言語

安冨歩 著

[目次]

  • 第1章 事実からの逃走(燃焼と核反応と
  • 魔法のヤカン ほか)
  • 第2章 香山リカ氏の「小出現象」論(香山氏の記事の出現
  • 原発をネットで論じている人々の像 ほか)
  • 第3章 「東大文化」と「東大話法」(不誠実・バランス感覚・高速事務処理能力
  • 東大関係者の「東大話法」 ほか)
  • 第4章 「役」と「立場」の日本社会(「東大話法」を見抜くことの意味
  • 「立場」の歴史 ほか)
  • 第5章 不条理から解き放たれるために(原発に反対する人がオカルトに惹かれる理由
  • 槌田敦のエントロピー論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原発危機と「東大話法」 : 傍観者の論理・欺瞞の言語
著作者等 安富 歩
書名ヨミ ゲンパツ キキ ト トウダイ ワホウ : ボウカンシャ ノ ロンリ ギマン ノ ゲンゴ
出版元 明石書店
刊行年月 2012.1
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7503-3516-2
NCID BB07933112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22037747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想