形成的アセスメントと学力 : 人格形成のための対話型学習をめざして

OECD教育研究革新センター 編著 ; 有本昌弘 監訳 ; 小田勝己, 小田玲子, 多々納誠子 訳

[目次]

  • 第1部 形成的アセスメントの概念(形成的アセスメントの範囲と方法論
  • 形成的アセスメントの政策枠組み
  • ケーススタディからみた形成的アセスメントの要素
  • 実践例からみた形成的アセスメントの要素
  • 形成的アセスメントの利点と障壁
  • 形成的アセスメントの普及と水sンのための政策指針)
  • 第2部 形成的アセスメントの事例研究(カナダ-形成的アセスメントのために総括的データの活用を推進
  • デンマーク-学校にデモクラシーと対話の伝統を築く
  • イングランド-ハイステイクスな場面で形成的アセスメントを実践する
  • フィンランド-競争や比較でなく個人内の伸びに重きを置く
  • イタリア-変遷していくシステム
  • ニュージーランド-多様な政策イニシアチブの中に形成的アセスメントを組み入れる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形成的アセスメントと学力 : 人格形成のための対話型学習をめざして
著作者等 Centre for Educational Research and Innovation
多々納 誠子
小田 勝己
小田 玲子
有本 昌弘
経済協力開発機構教育研究革新センター
CERI
教育研究革新センター
OECD教育研究革新センター
書名ヨミ ケイセイテキ アセスメント ト ガクリョク : ジンカク ケイセイ ノ タメ ノ タイワガタ ガクシュウ オ メザシテ
書名別名 Formative assessment. (抄訳)
出版元 明石書店
刊行年月 2008.3
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-2740-2
NCID BA85287382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21482088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想