女性への暴力 : アメリカの文化人類学者がみた日本の家庭内暴力と人身売買

シャーマン・L.バビオー 著 ; 大島静子 他訳

"親密さ"のなかにひそむ"支配と暴力"女性の家HELPでの体験を通して、夫や恋人からの殴打やアジア女性への強制売春が横行する日本社会のゆがんだ現実に、異文化の視点から大胆に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フィールドワークと「シェルター・メンタリティ」
  • 第2章 歴史と現状の概要-日本におけるフェミニスト意識と「女性の家HELP」の歴史的位置づけ
  • 第3章 女性の家HELPの利用者-家庭内暴力の文献
  • 第4章 女性の家HELPの日本人利用者-家庭内暴力の記録
  • 第5章 女性の家HELPの外国人利用者-性的搾取の歴史的状況
  • 第6章 女性の家HELPの外国人利用者-搾取と買春

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性への暴力 : アメリカの文化人類学者がみた日本の家庭内暴力と人身売買
著作者等 Francis, Carolyn
Babior, Sharman Lark
大島 静子
カーター愛子
フランシス キャロリン
本田 和子
松下 瑞子
林 陽子
柿木 和代
絹川 久子
バビオー シャーマン・L.
書名ヨミ ジョセイ エノ ボウリョク
書名別名 Josei eno boryoku
出版元 明石書店
刊行年月 1996.12
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 4750308811
NCID BN15779293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97056153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想