フィリピン援助と自力更生論 : 構造的暴力の克服

横山正樹 著

[目次]

  • 第1章 構造的暴力と自力更生
  • 第2章 「援助」の本質と有効性
  • 第3章 円借款の横領・着服の構造とその対策
  • 第4章 円借款供与の政治性と日本のアジア戦略
  • 第5章 従属性の進展と民衆の抵抗運動
  • 第6章 フィリピンの貿易構造と1970年代工業化戦略
  • 第7章 公害輸出=日本企業の公害対策としてのフィリピン進出

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 構造的暴力と自力更生
  • 第2章 「援助」の本質と有効性
  • 第3章 円借款の横領・着服の構造とその対策
  • 第4章 円借款供与の政治性と日本のアジア戦略
  • 第5章 従属性の進展と民衆の抵抗運動
  • 第6章 フィリピンの貿易構造と一九七〇年代工業化戦略
  • 第7章 公害輸出=日本企業の公害対策としてのフィリピン進出

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 / p1
  • I 問題の所在と概念規定 / p1
  • II 日本の援助拡大の問題点と識字=意識化への取り組み / p8
  • 第一章 構造的暴力と自力更生 / p13
  • はじめに / p13
  • I 構造的暴力の克服としての自力更生 / p14
  • II 自給自足・自立・内発的発展と自力更生 / p21
  • III 自力更生の主体形成とフィリピン民衆運動 / p34
  • おわりに / p41
  • 第二章「援助」の本質と有効性 / p51
  • はじめに / p51
  • I 援助とは何か / p52
  • II 援助の目的とその本質 / p60
  • III 本来の援助とその限界 / p71
  • IV 援助と自力更生 / p79
  • おわりに / p85
  • 第三章 円借款の横領・着服の構造とその対策 / p95
  • はじめに / p95
  • I フィリピン政府・PCGGによる「マルコス疑惑」の解明作業 / p96
  • II フィリピン側における円借款事業執行官制度問題 / p99
  • III 円借款実施の仕組みのタテマエと実際 / p106
  • IV 円借款事業実施制度の歴史と問題点 / p112
  • V 日本における「マルコス疑惑」への対応 / p127
  • VI「援助」行政見直し作業とその限界 / p133
  • おわりに / p137
  • 第四章 円借款供与の政治性と日本のアジア戦略 / p151
  • はじめに / p151
  • I 政権援助とその反民衆性 / p152
  • II 日本のアジア戦略と「援助」 / p168
  • おわりに / p174
  • 第五章 従属性の進展と民衆の抵抗運動 / p181
  • はじめに / p181
  • I 独立~戒厳令の時期(一九四六~一九七二年)において形成された対米従属構造 / p190
  • II 七〇年代における従属構造の進展 / p208
  • III フィリピン民衆の運動と自力更生への展望 / p224
  • おわりに / p234
  • 第六章 フィリピンの貿易構造と一九七〇年代工業化戦略 / p241
  • はじめに / p241
  • I フィリピン政府の一九七〇年代工業化戦略 / p242
  • II 七〇年代工業化の諸結果 / p244
  • III 七〇年代工業化の評価 / p260
  • おわりに / p266
  • 第七章 公害輸出=日本企業の公害対策としてのフィリピン進出 / p273
  • はじめに / p273
  • I 一九七九年現地踏査レポート / p275
  • II その後の展開 / p295
  • おわりに / p303
  • あとがき / p313
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 フィリピン援助と自力更生論 : 構造的暴力の克服
著作者等 横山 正樹
書名ヨミ フィリピン エンジョ ト ジリキ コウセイ ロン : コウゾウテキ ボウリョク ノ コクフク
出版元 明石書店
刊行年月 1990.3
版表示 改訂新版.
ページ数 320, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4750305839
NCID BN0470671X
BN10832956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054672
90034086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想