ジャーナリズムの「可能性」

谷藤悦史 コーディネーター

「私」を超え、「公」としての意味を模索する真摯な努力。その一つひとつが、未来を切り拓く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1強多弱体制とジャーナリズム(後藤謙次)
  • 崔杼は其の君公を弑した(宮崎知己)
  • メディアがつまずくとき(吉岡忍)
  • ふるさとに寄り添う-地方紙だからできること(花立剛)
  • 震災報道と地域紙-想像力と連携(桂直之)
  • 防災報道は読者の命を救うことができるのか?(平岩勇司)
  • 私がドキュメンタリー映画をつくるようになったわけ-身近な一歩から始める(坂田雅子)
  • ドキュメンタリーの作り方-「名張毒ぶどう酒事件」の取材現場から(齊藤潤一)
  • 水俣希望の命-胎児性患者さんとの20年(吉崎健)
  • 「死刑」について考える(堀川惠子)
  • 変わるもの変わらないもの-ネット時代の新聞ジャーナリズム(松本元裕)
  • ネットが変える日中関係(河野徹)
  • フォトジャーナリストとして生きること(広河隆一)
  • フリーランスであるということ-一人で取材し、一人で書くこと(渡辺一史)
  • 外国人記者の視点-拡大鏡のような役割(シッラ・アレッチ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャーナリズムの「可能性」
著作者等 谷藤 悦史
書名ヨミ ジャーナリズム ノ カノウセイ
シリーズ名 石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞記念講座 2013
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2014.6
ページ数 223p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-657-14007-4
NCID BB16066177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22438743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想