怪異学の技法

東アジア恠異学会 編

[目次]

  • 怪(モノ化するコト-怪異と妖怪を巡る妄想
  • 怪異と穢との間-寛喜二年石清水八幡宮落骨事件 ほか)
  • 怨(川原寺と怨霊-伊予親王の霊をめぐって
  • 刑部僧正長厳の怨霊)
  • 祀(平安宮の鬼と宮廷祭祀
  • 賀茂別宮と徳大寺家-家と怪異 ほか)
  • 象(熊野曼荼羅に顕れた雷電神
  • 「異形賀茂祭図巻」と「百鬼夜行絵巻」 ほか)
  • 性(生首をいとおしむ女-偏愛奇談の時代
  • 林羅山と怪異)
  • 顕(物言う墓
  • 関帝廟という装置-関聖帝君の顕聖との関わりを中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怪異学の技法
著作者等 東アジア恠異学会
書名ヨミ カイイガク ノ ギホウ
出版元 臨川書店
刊行年月 2003.11
ページ数 437p
大きさ 22cm
ISBN 4653038465
NCID BA64816496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20572476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想