生物モニタリング : 有害物質の体内蓄積を見る

菅原淳, 森田昌敏 著

生物モニタリングとは、生物を用いて環境を監視することである。環境中に放出されたごくわずかな化学物質が、どのように生物に蓄積され、生物や人間に影響を与えるかを、より早く、より正確に知ればきわめて有効な警報となる。本書は、毒物全般についての話、昆虫、アサガオなどによって、身近な自然環境の変化を知る方法、酸性雨が自然に与える影響、大気を浄化する樹木など、幅広い話題から、文明と自然、生物と人間の共存の道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 汚染に追いつめられて
  • 第2章 生物モニタリングとは
  • 第3章 指標とする生物
  • 第4章 主な有害物質-DDT、BHC、PCB…
  • 第5章 危険!新しい有毒物質-ダオキシン・TBT、TPT
  • 第6章 危険な重金属-鉛・水銀・カドミウム・セレン・ヒ素
  • 第7章 サンプリングと測定
  • 第8章 生活のなかの生物モニタリング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生物モニタリング : 有害物質の体内蓄積を見る
著作者等 森田 昌敏
菅原 淳
書名ヨミ セイブツ モニタリング
書名別名 Seibutsu monitaringu
シリーズ名 読売科学選書 29
出版元 読売新聞社
刊行年月 1990.6
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4643900571
NCID BN04926760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90043014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想