細胞工場 : 生命の神秘はここまで解けた

太田次郎 著

細胞(Cell)、生きた細胞の内部では、人間のつくった巨大な工場でもとうてい及ばないような、複雑で精密な働きがおこなわれている。設計図であるDNA、エネルギー炉であるミトコンドリア、製品の運搬路である小胞体、そしてそれらを制御するシステムは、どのようなしくみになっているのだろうか。いうまでもなく、自然界で見られるすべての生命現象は、細胞の働きにもとづいている。このいわば「細胞工場」を探ることは、生命現象の理解に不可欠である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ミクロの世界の探求史
  • 第2章 細胞膜の不思議
  • 第3章 細胞のコントロールルーム
  • 第4章 細胞のエネルギー炉
  • 第5章 細胞内の生産現場
  • 第6章 細胞の骨組み
  • 第7章 細胞の増殖
  • 第8章 特別な細胞工場
  • 第9章 細胞の進化
  • 第10章 細胞と生命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞工場 : 生命の神秘はここまで解けた
著作者等 太田 次郎
書名ヨミ サイボウ コウジョウ
シリーズ名 読売科学選書 12
出版元 読売新聞社
刊行年月 1987.2
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4643870028
NCID BN01028339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87019997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想