戊辰戦争

保谷徹 著

軍事革命を遂げた新政府軍の武力倒幕は戦争をどう変えたのか。鳥羽・伏見の戦いから箱館戦争までを辿り、戦争遂行のために動員されたヒト・モノ・カネの実態に迫る。戊辰戦争を軍事史的な観点から解明した初めての書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戊辰戦争をどうとらえるか-プロローグ
  • 1 開戦前夜の情勢
  • 2 鳥羽・伏見戦争
  • 3 東征と関東の争乱
  • 4 東北・越後戦争
  • 5 箱館戦争
  • 戊辰戦争のもたらしたもの-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戊辰戦争
著作者等 保谷 徹
書名ヨミ ボシン センソウ
シリーズ名 戦争の日本史 / 小和田哲男, 関幸彦, 森公章, 吉田裕 企画編集 18
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.12
ページ数 303, 3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06328-9
NCID BA83767605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21339185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想