旧幕臣の明治維新 : 沼津兵学校とその群像

樋口雄彦 著

江戸幕府の幕臣は、明治維新後、近代的な学制と高い教育内容の沼津兵学校を創設し、人材育成に努めた。やがて、各界で活躍の場を見出していった旧幕臣を通して、明治維新の敗者が近代社会でどう生きたのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 誇り高き徳川の遺臣たち-プロローグ
  • 「賊軍」のゆくえ(徳川陸軍の最期
  • 戦敗者の群れ)
  • 教育に賭ける(沼津兵学校の教育
  • 受け継いだもの創り出したもの ほか)
  • 敗者復活(武士から軍人へ
  • 藩閥のなかの旧幕臣 ほか)
  • 遺臣から国民へ(旧幕臣の親睦と育英
  • 歴史の見直し)
  • 旧幕臣にとっての近代-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧幕臣の明治維新 : 沼津兵学校とその群像
著作者等 樋口 雄彦
書名ヨミ キュウバクシン ノ メイジ イシン : ヌマズ ヘイガッコウ ト ソノ グンゾウ
書名別名 Kyubakushin no meiji ishin
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 201
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.11
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4642056017
NCID BA73856163
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20902864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想