ヒトラーのニュルンベルク : 第三帝国の光と闇

芝健介 著

ナチスの戦争犯罪が裁かれた街ニュルンベルク。だがこの街はナチスの全国大会が開かれた光あふれる祝祭空間であると同時に、ユダヤ人強制移送の暗黒の舞台でもあった。大衆運動としてのナチズムを新視点から描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツのトラウマを表象する芸術-プロローグ
  • 都市とナチズム
  • 暴力と祝祭の空間
  • 人種法と絶滅収容所への移送
  • ナチズムが刻みつけたもの-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトラーのニュルンベルク : 第三帝国の光と闇
著作者等 芝 健介
書名ヨミ ヒトラー ノ ニュルンベルク : ダイサン テイコク ノ ヒカリ ト ヤミ
書名別名 Hitora no nyurunberuku
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 90
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4642054901
NCID BA45890968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想