近代日本社会と公娼制度 : 民衆史と国際関係史の視点から

小野沢あかね 著

男たちの放蕩や「家」の没落を招いた遊廓。女たちの勤倹貯蓄精神や修養意欲は、どう公娼制度批判へ発展したのか。また、東アジアに拡大した日本の公娼制度政策の特徴を国際関係史的視点から解明。慰安婦問題の歴史的前提にも言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本書の課題と方法
  • 第1部 公娼制度批判の展開(第一次世界大戦後における公娼制度批判の拡大
  • 大正デモクラシー期における諸団体の公娼制度批判の論理-長野県を中心として
  • 一九三〇年代の公娼制度廃止問題と諸団体の公娼制度批判)
  • 第2部 公娼制度をめぐる国際関係(東アジアにおける「国際的婦女売買」の問題化と日本
  • 国際連盟における婦人および児童売買禁止問題と日本の売春問題-一九二〇年代を中心として
  • 「国際的婦女売買」論争(一九三一年)の衝撃-日本政府の公娼制度擁護論破綻の国際的契機
  • 公娼制度廃止方針樹立への道)
  • 第3部 戦時体制下の「花柳界」と純潔運動(戦時体制下の「花柳界」-企業整備から「慰安所」へ
  • 軍需工場地帯における純潔運動-群馬県を中心に)
  • 近代日本社会と公娼制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本社会と公娼制度 : 民衆史と国際関係史の視点から
著作者等 小野沢 あかね
書名ヨミ キンダイ ニホン シャカイ ト コウショウ セイド : ミンシュウシ ト コクサイ カンケイシ ノ シテン カラ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.5
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03793-8
NCID BB01869553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21757650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想