日本近代国家の形成と展開

山本四郎 編

明治維新期を近代国家の形成期、日清・日露戦争期をその展開期ととらえ、外交政策やメディア構想、地方制度改革などの施策と社会の動向を実証。バラエティーに富んだ視角から、新たな近代史イメージを提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本近代国家の形成(幕末維新期のアメリカ留学-吉田清成を中心に
  • 明治維新期の朝鮮政策-大久保政権期を中心に
  • 『官報』創刊過程の史的分析-日本における近代国家の形成と法・情報)
  • 2 日本近代国家の展開(日清戦後経営期の鉄道建設事業
  • 日清・日露戦間期の地方制度改革構想-市制町村制改正案の形成過程を中心に
  • 日露戦争への政治過程
  • 第一次西園寺内閣試論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代国家の形成と展開
著作者等 山本 四郎
書名ヨミ ニホン キンダイ コッカ ノ ケイセイ ト テンカイ
書名別名 Nihon kindai kokka no keisei to tenkai
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1996.10
ページ数 340p
大きさ 22cm
ISBN 4642036644
NCID BN1509962X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97027557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想