中世公武関係と承久の乱

長村祥知 著

武家優位の公武分立体制が確定した一画期である承久の乱。京方武士・鎌倉方武士の動向・特質や、彼らと後鳥羽院との関係、鎌倉幕府による賞罰を検討。重要史料を発掘し、歴史思想史上の意義や、後世における歴史像の変容をも論究する。政治史、思想史・史学史、史料論の視角から、史料が乏しく低調であった承久の乱研究に新知見を示した意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究史と本書の課題
  • 第1章 後鳥羽院政期の在京武士と院権力-西面再考
  • 第2章 承久三年五月十五日付の院宣と官宣旨-後鳥羽院宣と伝奏葉室光親
  • 第3章 "承久の乱"像の変容-『承久記』の変容と討幕像の展開
  • 第4章 承久鎌倉方武士と『吾妻鏡』-『吾妻鏡』承久三年六月十八日条所引交名の研究
  • 第5章 一族の分裂・同心と式目十七条
  • 第6章 承久の乱にみる政治構造-戦況の経過と軍事動員を中心に
  • 第7章 『六代勝事記』の歴史思想-承久の乱と帝徳批判
  • 終章 成果と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世公武関係と承久の乱
著作者等 長村 祥知
書名ヨミ チュウセイ コウブ カンケイ ト ジョウキュウ ノ ラン
書名別名 Chusei kobu kankei to jokyu no ran
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.12
ページ数 319,13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-02928-5
NCID BB20166288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22673063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想