環境ホルモンの最前線

松井三郎 ほか著

環境ホルモン問題をどう考えればよいのか。私たちの身近な問題から地球規模の問題まで、その全体像を、最先端の研究をもとにわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 環境ホルモンによる環境汚染
  • 2章 地球規模で広がる環境ホルモンの汚染と野生生物への影響
  • 3章 環境ホルモンのヒトへの影響-医学の視点から
  • 4章 動物の新生児の発達への環境ホルモンの影響
  • 5章 環境ホルモンの体内代謝とホルモン様作用の変化
  • 6章 環境ホルモンの影響の検出
  • 7章 環境ホルモンの影響の評価
  • Q&A 環境ホルモン研究はどこまで進んでいるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境ホルモンの最前線
著作者等 井口 泰泉
吉原 新一
有薗 幸司
松井 三郎
森 千里
森澤 眞輔
田辺 信介
森沢 真輔
書名ヨミ カンキョウ ホルモン ノ サイゼンセン
書名別名 Kankyo horumon no saizensen
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.11
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 4641280789
NCID BA59490094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想