証券市場論

二上季代司, 代田純 編

証券市場論の原点に立ち返って、証券のもつ独自の意義を再確認する基本テキスト。証券そのものに焦点を当て、市場で取引されることの意義や諸現象ならびに市場の仕組みについて解説する。金融資産の累積と機関投資、コーポレート・ガバナンス、デリバティブ取引、証券規制・行政についても言及。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 有価証券とは何か-本書の対象と構成
  • 第1章 株式会社
  • 第2章 証券の流通
  • 第3章 証券価格の形成
  • 第4章 証券発行市場
  • 第5章 証券流通市場
  • 第6章 証券業と証券会社
  • 第7章 金融資産の累積と機関投資家
  • 第8章 株式所有構造の変化と企業買収
  • 第9章 デリバティブ
  • 第10章 証券行政と証券政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証券市場論
著作者等 二上 季代司
代田 純
書名ヨミ ショウケン シジョウ ロン
書名別名 Securities Markets
シリーズ名 有斐閣ブックス 458
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.4
ページ数 290p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-18393-3
NCID BB05448003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21930155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想