家族法

窪田充見 著

「法的ルールとしての家族法」の理解形成をめざし、その法理論を丁寧かつユーモラスに解説。親族法・相続法の基礎を、26回の講義で学ぶ。非嫡出子相続分違憲決定、再婚禁止期間違憲判決、預金債権大法廷決定などの重要判例を織り込みアップデート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論(これから学ぶこと-家族法の意味と歴史など)
  • 第2部 親族(婚姻の成立(1)-婚姻意思の合致と婚姻届をめぐる問題
  • 婚姻の成立(2)-婚姻障害ほか ほか)
  • 第3部 相続(相続法の概観
  • 相続の基本的効果 ほか)
  • 特別講義 家族法と租税法(財産分与と租税をめぐる問題
  • 遺産分割と租税をめぐる問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族法
著作者等 窪田 充見
書名ヨミ カゾクホウ : ミンポウ オ マナブ
書名別名 民法を学ぶ

Kazokuho
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.3
版表示 第3版
ページ数 607p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-13759-2
NCID BB23279495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22866411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想