解説民法〈債権法〉改正のポイント

大村敦志, 道垣内弘人 編

現行制度から改正法の内容まで、この1冊で!改正論議の過程で審議・調査に関わった研究者・立案担当者が丁寧に解説。改正の経緯と改正法が社会に及ぼす影響もおさえることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 改正の経緯(改正の必要性
  • 法制審議会での審議経過 ほか)
  • 第2章 改正法の内容(法律行為
  • 代理 ほか)
  • 第3章 改正債権法と市民社会(理念なき改正?
  • 改正作業開始時の特徴 ほか)
  • 第4章 改正債権法と取引社会(取引社会にとって望まれる民法
  • 債権法改正の実相 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解説民法〈債権法〉改正のポイント
著作者等 吉政 知広
大村 敦志
大澤 彩
幡野 弘樹
石川 博康
筒井 健夫
角田 美穂子
道垣内 弘人
加毛 明
書名ヨミ カイセツ ミンポウ サイケンホウ カイセイ ノ ポイント
書名別名 Kaisetsu minpo saikenho kaisei no pointo
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.10
ページ数 540p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-13735-6
NCID BB24562108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22962016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想