医療の個人情報保護とセキュリティ : 個人情報保護法とHIPAA法

開原成允, 樋口範雄 編

プライバシー性が高く、利用・管理に関して特殊な問題をはらむ医療情報を、成立したばかりの個人情報保護法の下でいかに扱うか。急速に電子化した情報の安全性を確保するための実務的な対策は?医療機関で役に立つ教科書的・実務的解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 医療における個人情報保護の歴史と背景
  • 第2章 保護されるべき医療個人情報
  • 第3章 アメリカにおける医療情報保護:HIPAA法と日本への示唆
  • 第4章 個人情報保護法が医療に与える影響
  • 第5章 電子情報のセキュリティ対策
  • 第6章 医療機関は具体的にどうすればよいか?:プライバシーマーク(JIS Q15001)の医療機関への適用
  • 第7章 今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療の個人情報保護とセキュリティ : 個人情報保護法とHIPAA法
著作者等 樋口 範雄
開原 成允
書名ヨミ イリョウ ノ コジン ジョウホウ ホゴ ト セキュリティ : コジン ジョウホウ ホゴホウ ト HIPAAホウ
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.8
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 4641129339
NCID BA63281859
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20461323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想