女性学・男性学 : ジェンダー論入門

伊藤公雄, 樹村みのり, 國信潤子 著

社会的・文化的に構成された性=ジェンダーの視点から、普段気にもとめていなかった自分たちの性とそのあり方を問い直していきます。ジェンダー論の意味と女と男をめぐる日本の現状を、平易な文体で身近な問題から説き明かしました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女であることの損・得、男であることの損・得
  • 第2章 作られる"男らしさ""女らしさ"
  • 第3章 ジェンダーに敏感な教育のために
  • 第4章 恋愛の女性学・男性学
  • 第5章 ジェンダーと労働
  • 第6章 多様な家族に向かって
  • 第7章 育児はだれのもの
  • 第8章 国際化のなかの女性問題・男性問題
  • 第9章 男女共同参画社会の見取り図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女性学・男性学 : ジェンダー論入門
著作者等 伊藤 公雄
国信 潤子
樹村 みのり
書名ヨミ ジョセイガク ダンセイガク : ジェンダー ロン ニュウモン
書名別名 Women's Studies/Men's Studies

Joseigaku danseigaku
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 2011.5
版表示 改訂版.
ページ数 325p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12428-8
NCID BB0563801X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想