クロニクル社会学 : 人と理論の魅力を語る

那須壽 編

本書は、今日の社会学に多大な影響を与え続けている社会学者たちによる社会学との格闘の軌跡である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会学への招待-社会学の歩みのなかで
  • デュルケムと社会的事実-道徳と社会
  • パーソンズと社会秩序-功利と価値
  • ルーマンと社会学的啓蒙-システムと意味
  • コールマンと合理的選択理論-社会の合理的なコントロール
  • マルクスと資本主義批判-物象化の論理
  • ウェーバーと理解社会学-合理化への問い
  • マンハイムと知識社会学-文化的危機への問い
  • ハーバーマスとコミュニケーション的行為-生活世界の合理性の解放を求めて
  • フーコーと主体の系譜学-権力と主体〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クロニクル社会学 : 人と理論の魅力を語る
著作者等 北沢 裕
栗原 孝
桜井 洋
片桐 雅隆
草柳 千早
那須 寿
鈴木 智之
書名ヨミ クロニクル シャカイガク : ヒト ト リロン ノ ミリョク オ カタル
書名別名 Kuronikuru shakaigaku
シリーズ名 有斐閣アルマ
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.12
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 4641120412
NCID BA33696050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98065379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想