注釈民事訴訟法  第4巻

高田裕成, 三木浩一, 山本克己, 山本和彦 編集

学説・判例の到達した理論水準を踏まえ、実務を視野に入れた、新時代のコンメンタール。基礎理論と判例を重視しつつ、各条文の解釈運用上の問題を正確に解説。現時点での理論の到達点を明らかにするとともに、急速に進展した理論と実務との融合に対応。本巻は、第2編「第一審の訴訟手続」の第4章「証拠」から第8章「簡易裁判所の訴訟手続に関する特則」までの逐条解説を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2編 第一審の訴訟手続(証拠
  • 判決
  • 裁判によらない訴訟の完結
  • 大規模訴訟に関する特則
  • 簡易裁判所の訴訟手続に関する特則)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 注釈民事訴訟法
著作者等 三木 浩一
山本 克己
山本 和彦
高田 裕成
書名ヨミ チュウシャク ミンジ ソショウホウ
書名別名 第一審の訴訟手続. 2 (§§179~280)
シリーズ名 有斐閣コンメンタール
巻冊次 第4巻
出版元 有斐閣
刊行年月 2017.7
ページ数 1512p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-01794-8
NCID BB24032829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22925512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
第一審の訴訟手続. 2 §§179~280
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想