歴史のなかの渋谷 : 渋谷から江戸・東京へ

上山和雄 編著

"渋谷"はどのように形成されてきたのか。その地理的特徴と、古代から高度成長期にいたるの歴史的な変遷のなかから、現代の渋谷がいかにして成立したかを新しい視点で明らかにした意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 台地と川がつくった魅力あふれる街・渋谷
  • 埋もれた渋谷
  • 渋谷に住んだ人・渋谷を領した人
  • 谷間の村と町の風景
  • 藩邸からみた渋谷
  • 松崎慊堂をめぐる空間と人物
  • 渋谷の魅力、その歴史的成り立ち
  • 開拓使と御料地の時代
  • 渋谷周辺の軍事的空間の形成
  • 渋谷区の誕生〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のなかの渋谷 : 渋谷から江戸・東京へ
著作者等 上山 和雄
國學院大學渋谷学研究会
書名ヨミ レキシ ノ ナカ ノ シブヤ : シブヤ カラ エド トウキョウ エ
シリーズ名 渋谷学叢書 第2巻
出版元 雄山閣
刊行年月 2011.3
ページ数 351p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-639-02178-0
NCID BB05397128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想